介護老人保健施設いつきの里は、ご家庭での生活に不安がある方にリハビリテーションや健康管理、日常的での看護、介護サービスを提供し、自立と家庭復帰を支援する施設です。
スタッフ一同ハートフルケアを合言葉に、利用者の方々が明るく笑顔で暮らせるような地域に根ざした、開かれた施設づくりを目指しています。
 
 
  ■いつきの里では「身体拘束をしない」事を方針として定めております。下記詳細の様な
   緊急やむを得ない場合を除き、身体拘束を行わない施設です。
   また、緊急やむを得ない場合に身体拘束が行われた場合でも身体拘束廃止委員会
   設置しておりますので、月に一度廃止向けての検討を行い、日々の現場でも30分刻み
   で検討しながら拘束時間の短縮化、その延長線上に完全撤廃を目指しております。
 
  ■また、緊急やむを得ない場合の身体拘束を行う場合においても、ご家族様への説明と
   同意書への署名を頂き、同意書は期限を区切って作成し、漠然と拘束が行われない様
   な仕組みで取り組んでおります。  →◎同意書の参照はこちらをクリック
 
  ■ご家族の皆様、地域の皆様に安心かつ信頼して頂ける施設を目指し、目に見える拘束
    のみならず精神的な視点においても常に検討し、施設全体で拘束の廃止、ケアの向上
    に努めて参ります。
 
  ●身体拘束廃止に関する指針
 
  ●身体拘束はなぜしてはいけないの?
  
 
 
 
 
  ●介護老人保健施設 いつきの里 接遇指針
  
  
 
▲ページトップ