介護老人保健施設 いつきの里
介護老人保健施設 いつきの里
(0586)67-1100

デイケア(通所リハビリテーション)デイケア(通所リハビリテーション)デイケア(通所リハビリテーション)


ご利用案内


デイケア(通所リハビリテーション)とは

いつきの里は、デイケア(通所リハビリテーション)を提供しております。

デイサービスとの大きな違いとして、デイサービスは日常生活を介助することが主に行われ、レクリエーション等を通じて生きがいを見つけることが目的であるのに対して、デイケアは通所リハビリテーションと呼ばれ、主治医の指示を受けてから専門の機材での本格的なリハビリを中心に行い、計画的にリハビリテーションを行うことで日常生活が送れるように回復や維持を支援することを目的としています。また、医師が配置されている事も大きな違いの一つとなります。



いつきの里 デイケアの特徴

  • いつきの里デイケアでは、50名の定員でご利用いただいており、1~2時間の短時間でのご利用と、6~8時間の入浴、食事、リハビリ等を実施して頂く1日型のご利用という、2つのサービス体系を利用者様のニーズに合わせて提供しております。

  • 1~2時間の短時間につきましては、午前に2部、午後に1部の時間割があり、受診や生活の流れに合わせてご利用時間を選択いただく事が可能です。

  • ご利用の際は、必要に応じて、ご自宅等で開催される会議(サービス担当者会議)に、いつきの里デイケアの医師も出席しての支援も行っております。(リハビリマネジメント加算Ⅱ)

  • いつきの里デイケアでは、リハビリテーションを提供する専門職として、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を配置しております。特に、言語聴覚士は2名配置し、お話をするための訓練(言語訓練)や、安全にお食事をして頂くための訓練(えん下訓練など)をより多くの皆様に受けて頂く事ができるように努めております。

  • いつきの里デイケアでは、療法士による個別リハビリテーションだけではなく、ご自身でその日に何に取り組みたいかを選んでいただく、「自己選択メニュー」として、マシントレーニング、メドマー、階段昇降、レッドコート(腕の運動)、平行棒(起立・スクワット等)、自転車漕ぎ、手指運動等を療法士及び介護士の見守りや助言のもと、実施して頂いております。


デイケアの様子

個別リハビリでは、運動療法・基本動作訓練 日常生活 活動訓練など、その方に必要な運動メニューを専門スタッフと一緒に行います。

作業療法では、様々な物品を使う手指の動作の訓練や、洗濯物を干す、服を着替えるといった動作の訓練を行い、日常生活を行う上で必要な動作の回復や維持をめざします。

マシンを使用するトレーニングは、個別に負荷の量を設定し、安全に実施が出来るように見守りのもとで実施して頂いております。

言語療法では、話す、聞くなどのコミュニケーションに必要な機能や、食事をするための機能に困難がある方に訓練や助言を行っております。




サービス提供時間

営業日 月曜日~土曜日
休業日 ・日曜日
・年末年始(12月30日~1月3日)
・8月及び11月の第1土曜日
サービス提供時間
6~8時間 A:10:00~16:10
1~2時間 B:9:00~10:20
C:10:30~11:50
D:13:30~14:50


定員

50名


送迎範囲

お電話にてご確認ください。



体験のご案内

いつきの里デイケアでは、デイケアを体験して頂く機会を設けております。一日どのように過ごすのか、雰囲気はどうか、リハビリテーションとはどのような事をするのか…など、不安や疑問を少しでも解消してご利用に繋げて頂く事をおすすめしております。 お申込み、詳細につきましては、お気軽にご相談下さい。

Tel:(0586)67-1100

お電話の受付:月曜日から土曜日の9時~17時
※会議等で不在の場合もございます。ご了承ください。