消化器内科 | 医療法人いつき会 守山いつき病院

消化器内科

消化器内科

内視鏡検査は従来のX線検査で描出困難であった微細な変化や病変を観察でき、逆流性食道炎や胃炎、潰瘍なども程度に応じて的確な内服治療へと導くことができます。また、通常観察の他に、色素内視鏡検査やNBI(特殊光)、生検などにより早期癌の発見・診断につとめ、侵襲の少ない内視鏡治療につなげるようにしています。

一方、いまだに内視鏡検査は苦しいというイメージをお持ちの方は少なくないため、当院では内視鏡検査になるべく苦痛を伴わないようにいろいろ工夫しています。鎮静剤を用いる方法、鼻からの経鼻内視鏡、大腸検査では硬度可変を用いたよりスムーズな挿入、消化器内視鏡専門医と消化器内視鏡検査技師(看護師)が対応することで、検査前の不安や緊張を極力和らげるようにしています。

下部消化管内視鏡では、前癌病変となりうる大腸ポリープ、早期大腸癌に対して、内視鏡的ポリペクトミーや内視鏡的粘膜切除術(EMR)で治療を行っています。
高齢化に伴い増加している脳血管障害等により経口摂取が困難な症例に対して、経皮内視鏡的胃瘻(PEG)の造設や交換も行なっています。

当院での内視鏡検査の特徴

  • 苦痛をさらに軽減するため経鼻内視鏡を導入しています。
  • 経鼻内視鏡では検査中に会話をすることができます。
  • 検査機器の洗浄・消毒を徹底することにより、感染などの問題がないよう安心して検査を受けていただけるようにしています。
  • 消化器内視鏡専門医、消化器内視鏡検査技師(看護師)が在籍し、安心して受けられる検査体制をとっています。

ヘリコバクターピロリ菌の診断と治療

“ピロリ菌の除菌治療が健康保険適用になりました!”

現在、日本では年間約5万人もの方が胃がんで生命を落とされています。
胃がんはストレスや生活習慣が原因で発症する病気ではなく、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)という胃の中に住みつく細菌が深くかかわり、これが原因で発症することが様々な研究から分かってきました。
ピロリ菌感染の期間が長いと、慢性胃炎を発症し、その結果胃がんを発生するわけです。ピロリ菌感染の無い人から胃がんが発生することはごく稀です。
ピロリ菌や慢性胃炎の検査は血液検査で分かります(実費)。血液検査の結果が陽性の場合は、消化器内科を受診し、その後、内視鏡検査を受けます(健康保険適用)。内視鏡検査では、現時点で胃がんを発症しているか否かを確認し、胃がんを認めなかった場合は、ピロリ菌の除菌治療を行います(健康保険適用)。

ピロリ菌の除菌治療は、今まで「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」「胃がん手術後」といった疾患でないと健康保険内で治療ができませんでしたが、この平成25年2月21日付で「ピロリ菌が存在する慢性胃炎」といった比較的初期の状態でも除菌治療が健康保険内でできることとなりました。それによって、今まで慢性胃炎だけであった人は除菌治療に何万円もかかっていたものが、約3,000円程度の治療費で済むようになりました。

お問い合わせ

病院案内

守山いつき病院
代表番号
(052)793-3101
受付予約専用番号
(052)793-3300

〒463-0067
愛知県名古屋市守山区守山
2丁目18番22号